2015031203


まるで映画のような話です。
交通事故により記憶が10分間しか保てない男性の
とても前向きに生きている姿が感動を呼んでいます。


 




2015031201

台湾の新竹県に住む25歳の男性「陳宏智」は
高校一年生の時に交通事故に遭いました。

それから、記憶が衰退する症状が現れています。

今は記憶は10分間しか保つことができません。
知能も小学生程度となってしまっています。

父親を早くに亡くし、母親は息子を心配しますが、

本人はその逆境に負けず、その母を養うために、
とても強く生活しています。

毎日3kmの道を歩いて街まで歩き、
瓶やアルミ缶を拾い、お金に換えて生活費の足しにしています。

母親を心配させないように、たびたび電話をかけ、
今どこにいるのか、何時に帰るのかを伝えているそうです。

また、彼は生活の全ての出来事をノートに綴っています。

2015031204

過去には半年でリサイクルによる収入が、
1,000元にもならなかったこともあるなど、経済状況は決して良くないですが、

とても前向きに生きる陳宏智の様子に
心を打たれます。

2015031207






以下台湾の反応です。

とある台湾人
母親のこと忘れなくてよかった

とある台湾人
すごいね
劣悪な環境に負けていない

とある台湾人
やさしい子だな

とある台湾人
前向きだな。感動した

とある台湾人
安定した収入になる仕事があるといいな

とある台湾人
がんばれ

とある台湾人
感動した。頑張ってほしい

とある台湾人
とてもつらい環境だ。
私なら耐えられないかもしれない
彼はすごい

とある台湾人
みんなでこういった人を助ける国にしていきたい

とある台湾人
泣いた。
感動した。

とある台湾人
心が痛い。泣けた。

とある台湾人
なんという孝行息子なんだろう

とある台湾人
映画みたいな話だな

とある台湾人
まっすぐな子だな

とある台湾人
泣いた。

とある台湾人
頑張って

とある台湾人
環境に負けない強さをもってる
尊敬する

とある台湾人
負けないで!

翻訳(woaitaiwan)