2015041402

台湾で購入した本の中に、
中国の主権声明が入っていたと話題になっています。



 


2015041401

台湾の小説家「朱宥勳」がFBにUPした写真が話題になっています。

朱宥勳の友人が購入した「台灣七年級小說金典」という本の中に
簡体字で書かれた主権声明と題された紙が入っていたというのです。

廣東新華發行集團という団体の署名がある声明文には

この本の中にある
中国の原則的立場に反する言葉は
全て認められているものではない


と書かれています。

2015041402



朱宥勳はFB上で、
中国で購入した本にこの紙があるなら理解はできるが、
台湾で購入した本になぜ、声明文が入っているのか?

台湾に「廣東新華發行集團」と名乗る集団に出版業を解放したということも聞いたことがない、

全く理解できないとコメントしています。

以下台湾の反応です。

とある台湾人
中国やばい

とある台湾人
中国ならやりかねない

とある台湾人
簡体字は醜い
見るのも嫌

とある台湾人
服務協定も始まってないのにこれだ

とある台湾人
中国に出版業を解放したら終わり

とある台湾人
燃やしてしまえ

とある台湾人
中国は中国
台湾は台湾

とある台湾人
一つの中国 一つの台湾 一つの香港
別々の国だよ

とある台湾人
台湾の本は中国人に関係ないだろww

とある台湾人
簡体字で書かれてもわかんないよ

とある台湾人
中国の工場使ってるからだろ

とある台湾人
これ何度も見たことあるよ

とある台湾人
大学の図書館の本には結構入ってる

とある台湾人
私も見たことあるよ

とある台湾人
台湾独立とか書いてあるのかな?

とある台湾人
出版社に聞けばわかると思う。






後日談・・・

その後、出版社に問い合わせたところ
下記の事実が分かったそうです。

2015041403


出版社に連絡したところ、

この本は中国での書籍展覧会に参加。
その際にこの声明文が入れられたそうです。

結果、展覧会では売れずに、台湾に戻されたのですが、
その際に紙を抜き取る作業がされなかったということです。


 
翻訳(woaitaiwan)